Text Size : A A A
|はじめに|今日 new|作品|エミハガキ|eミco|雑記|ポスト|
Img20080910192829
朝晩涼しくなりましたネェ。そんな、秋の今、ふってわいたハチの巣騒動。
ウチからハチが飛んできて、恐くて、、 なんて物騒な話が届き、
慌てて外に飛び出し見上げると、、あった~! 4、5mあるてっぺん軒下のかど。
そして確かに、My 軒からよそ様の玄関方面へ何匹も旋回してる! 立場なし。

市で無料で取ってくれるかも?と検索したら、
取ってはもらえないが、自主駆除する人に、防護服など無料貸し出し有り。
麦ワラ帽付防護ネット、スプレー竿(3m)、薬剤スプレー、ゴム手袋。

専門業者を調べたら、、2万円 !?  自分でするしかないよねぇ~、、。

気を落ち着け、調べまくった。
日本ペストコントロール協会(害虫防除専門の社団法人!)のサイトは良かった。
ウチのが足長バチであること、その巣作りや性格まで、、わかったような気になり
その気になって来た。笑 そこの無料相談にも電話し、コツも教わった。

ところが、とある業者さん。親切にコツを教えてくれた上、
明日、近くを通るから様子を見ましょうと。
だいぶ勉強を積んだ(笑)私は、もはや実践をしたい、、が、
どうやらその方は、私の満々過ぎる「その気」を危なっかしく思ってそうな、、
Img2a20080910192829
Img2b20080910192829
さて翌日。お昼頃寄ってくださり、ハチの巣を見上げ、
「やっぱり危ないから、こちらで取りますよ。道具もあるし。」
お安めにやっていただくことで、合意、、。
お願いする立場のはずが、なにか未練がましげ、、実践、、笑
(2万円前後情報は、かなりお高めなよう。)

決行時刻は、ハチがいっせいに帰宅(帰巣)する4時過ぎ!
(これはどの方も口を揃えて強調されていました。)
陽が落ちてからだと、ライトめがけて来るから危険。

4:20、殺虫剤タンクを積んだ軽トラックでご到着。
ハシゴを目一杯のばして、手際よく噴霧、
最後に巣を根こそぎ、綺麗に取ってくれました。
軸部分が少しでも残ってると、すぐ同じのを作ってしまうと
(現にこの巣も2代目だって)。

一応、白長袖、軍手、麦わら帽子でキメてた私でしたが、
(黒い物めがけて来るから白っぽく)
お手伝いできる事もなく、撮影もせず、ただ仁王立ちで
作業を見ていました。 現場監督のように。

頭の中 ハチブンブンの2日間でしたが、スッキリしました~。