Text Size : A A A
|はじめに|今日 new|作品|エミハガキ|eミco|雑記|ポスト|
Img20081101215243
中央ステージ ライブ
11月になりました!木枯らし1号もふいて、秋深しですネ。
決してヒマな訳ではないんですヨ、することは溜まってる。
でも芸祭の初日となれば、様子を見に行かないと!
4時前からのプロのライブ直前に自転車でかけつけました。大盛況。
もちろん、学生同化バージョンの薄化粧です。笑
Img2a20081101215243
武道館のあたりは昔の面影が残っていました。
いちょうが綺麗!
キャンパスは、どこも紅葉が見ごろで、
それだけでも来る価値ありなステキさです。
またレポートします。
Img20081103043653
新図書館の裏は仙石原のよう
昨日様子を見に行って、学生達のフリマが、手作り小物、アクセサリー中心の
小奇麗なお店ばかりだったことにおののき(近隣住民らしき方みかけないし)、
家の不要品をゴロゴロ出すのは場違い!?、、もう一回確認に行こう、のつもりで
今日も行って来ました。それだけチェックしてすぐ帰ってこようと。

ところが、フリマチェックがてら出店の学生とお話などして、、
どんどん雰囲気に飲まれ歩き回り、構内まで足を踏み入れ、展示も観て来ました。
Img2a20081103043653
Img2b20081103043653
Img2c20081103043653
フリマスペースは、キャンパス内あちらこちらにあり、
きのう観たのは奥の方の ほんの一部でした。

申し込みの時に聞いた新図書館回りには、
近隣住民らしき出店もいくつかあり、
問題の「不要品」も出されていたので、一安心。

この辺では学生も不要服を沢山出してて、
少し敷居が低くなった。
それでも、お手製の髪止め、ブローチ、ストラップや
ポストカードもかわいく並べていて、
そういうことなら、笑
来年は私もその気で参加するゾ!と、
今回はもうどうしょもないから、冴えない不要品を
とっとと売り切って早めに退散しようと観念しました。

デザイン科の構内にも、
手作り作品のブースがたくさん!
まだまだレポートしたいけれど、
明日の出店の準備をしないと!
熱~い芸祭もとうとう終了し、観客の私ですら抜け殻の寂しさですから、
学生の皆様は、どんなでしょうか、、。
Img2a20081109153642
演劇あり
Img2b20081109153642
ライブアートあり
Img2c20081109153642
ダンスあり
屋内でも屋外でも、キャンパスのいたる所に、
エネルギーが溢れていました。
それぞれ思いのたけの「表現」を
一生懸命にしていて、心が熱くなりました。

個人的には(全部個人的ですが)、
入試参考作品の展示も興味深かった。
私達の時のグラフィックデザイン科の
鉛筆デッサンの試験は、石膏像でしたが、
最近の ある年の「両手で積木を積み上げている」
写実的デッサンが展示されていました。
与えられるのは鏡だけで、積木は想像して描くのです。
積木の形、材質、色、個数は自由とあり、
木目、絵入り、透明アクリル製、、と
皆それぞれ想定を工夫していました。
B3用紙 5時間。自分だったら構図と下書きに
(かなり重要)どれ位時間を使おう、、
今受けて受かるのか?うん、大丈夫だろう 笑
など、熱く考えてしまいました。

展示もライブも模擬店も百花繚乱、
飽きる事なく楽しめます。
(来年の宣伝)笑
Img3a20081109150404
Img3b20081109162259
Img3c20081109150404
3日最終日の最後の最後、それまで様々な所で様々な事をしていた人全員が手を止め、
空を見上げ、グラウンドから次々に打ち上がる花火に、大歓声をあげるのでした。
(この歓声は 近隣の家々にも届いていたそうです)
ただの花火では、歓声では、ありません。
これ迄の準備から この3日間の総ての凝縮の爆発。 打ち上げの打ち上げです!
私は、幸運にも、打ち上げ場所至近、花火の殻が落ちて来る位置でした。
頭上に満開の花火、お腹に爆音、回り中から大歓声、、もう泣きそうでした。
(勝手に学生達と一体化しています 笑)
Img4a20081109150404
興奮も歓声も頂点に達した 最後の
白一色のデッカイ花火が
真上で砕け散った… その瞬間、

私の ずっと夢うつつだったテンションまで、
パチンと弾けてしまいました。

カボチャの馬車です。
(シンデレラとは どこまで図々しい 笑)
それで、なかなか更新できませんでした。笑
Img20081111232904
芸祭も、フリマも、我ながら よく飽きないな~と思います。笑

芸祭をまとめてしまった後ですが、 
フリマ報告と、忘れてはならない「模擬店」街のこと。
Img2a20081113104559
フリマも模擬の店ですネ
フリマは、準備がバタバタで、ほとんど寝ずに出店。笑
要らないと判断した物だもの 早く売り切ってしまおう と
最初から最終値下げみたいな価格にしたら、
いつになく売れ行きがよく(それでも残るけど)
結果、売り上げも良かった。今後これで行きます!
(準備に懲りてこれで最後にしたいと毎回思うけど 笑)
「ご自由にお持ちください」と 細長い箱にゴソッと立てたアドカード
(店先等にある広告付きポストカード)が、なかなかの人気でした。
そりゃぁ元々タダの物だけど 笑、自分なりのセンスでチョイスした品揃えですから。
足を止めていただくのは大事だから、フリーコーナー作りはおすすめです。

私達の頃に無かったのが不思議な位、芸祭とフリマは相性がいいと思います。
Img4a20081113134505
この感じ、、
Img4b20081113134505
そう、この感じ、、
Img4c20081113134505
祝・創業30周年!
さて、芸祭の楽しみの中で、実はこの模擬店街が、
かなり大きなポジションであることを、
遅ればせながら、白状します。笑

高3の時一人で観に行った 私の初芸祭。
初日昼間。まだ皆必死でトンカン模擬店を作ってました。

作業中の学生さんに、高校生?とお声をかけられ、
今度受験するんです と言うと、
たまたまグラフィックデザイン科の方々で、
今思えばお忙しい中、あれやこれやと
アドバイスしてくださり、いつでもおいでヨと、
とっても優しいお兄様お姉様方でした。
実際その後、平面構成を 何度か見ていただきました。

そんな、作りかけの模擬店の思い出が
暖かかったこともあってでしょう。
入学してからも、模擬店大好きでした。
社会人になって、都会のおでんの屋台や
江ノ島桟橋の焼き蛤の屋台、海外の屋台 …
見るだけで胸が騒ぐのも、
ルーツは、芸祭の模擬店かもしれないです。

こんなに一生懸命作って、たった三日で解体ですヨ!
だからよけいに盛り上がるんですネ。
もう居場所なんてないと思っていました。 が、見覚えのある店名、、
のぞいたら、、、!! 体連の先輩。
思わず手を振ったら、懐かし~い笑顔の手招き。 お邪魔しましたヨ~ そして乾杯。

お話を聞けば、なんと、三日間だけのお店を、現役の時含め30年、
守り続けて来られた先輩方なのでした。 感動しました。
Img20081114210418
10月26日の沿線コスモス
Img2a20081114205016
こんなところに、惜し気もなく、
こんなにキレイに咲いちゃって。

今はどんなかなぁ。
Img20081118092733
実家で探し物をしていたら、
幼少期からの夏休み帳や作文や
教科書やらがゴッソリ出て来て、
生まれて数カ月のグチャグチャ描き
から取ってあるお絵描きの数も半端じゃない。

この5年生の時の絵はオイモじゃなく、 笑
墨汁で葉脈が描かれているから、
紅葉した葉っぱですね。
小学生にしては渋すぎでは? 笑
(絵の原寸は、葉の長さ約25cm)
季節柄いいかもと持って来ました。
オイモでもOKでしたネ。
Img20081120135843
先日ストーブ(温風ファンヒーター)を出しました。
ただでさえ乾燥の季節です。
ストーブのそばでのうたた寝 行き倒れには、気をつけましょう!
日頃 UVや栄養でコツコツ頑張っていても、オジャンですからネ。笑
乾燥の季節と言えば、ドラッグストアの店頭にハンドクリームが出揃いましたネ。
定番物に加え、毎年、新顔が楽しみ。テイスティングが楽しみ。笑
吟味して買いたいですから、店に行くたびに少しずつ試して、潤って、
又試して、潤って、、、決める前に冬が終わってしまうことも。笑
Img2a20081120214639
こんなの出てるんですネ。
ロングセラーの学童用ノリと同じパッケージの。

全く用途の違う物のパロディ的発想、キライじゃない、、
むしろ好き♪ 笑 ですが、
梅干を見ると唾液 の条件反射ではないけど、
この容器から人さし指にクリームをつけたら、、
紙に塗る感覚になるでしょうネ。
手に塗るのは違和感ありそうですねぇ~。
水面下で落選を重ねているシンボルマーク、キャラクターデザインとは別に、
実は、キャッチフレーズや標語、川柳も出していて、、
雅号まで作って、何やってるんでしょうネ。笑

いや、イラスト・デザイン系の公募をチェックしている時に たまたま目にし、
前回の受賞作品を見たりすると、自分にもできそうな気になっちゃって、、
自分の分野外だと、かえって気軽に応募できるんですネ。
どうせ素人ですから、と、当たって砕けるのが恐くない。笑
Img2a20081123190846
第2回「珍味川柳」に応募の9句より
すでに、川柳系では2回落選済みですが、今回は(毎回ですが)行ける気がして。笑
最優秀の賞品 珍味1万円相当というのは、えっ?品物?と思ったけれど、
そうだ、ちょうど発表後に持ち寄りの忘年会があるから、半分持って行こう!と。笑

本日 珍味の日(だそう)11月23日にサイトで発表がありました。 (Click!)
川柳公募初心者の私の印象ですが、応募数779句というのは、非常に少ないです。
メジャーなものになると何千何万 、、中には十万句を超えるもの迄あるのです。
(そういうのは、もはやクジに近い気がするので、もう出しません)
大抵 回ごとに倍々で膨れ上がる事もわかったので、若い「第2回」に目がキラリ、
次々と出て来る中から9句に絞り、自画自賛の応募でしたが、完敗です。笑

かすりもしない現実に、目を覚ますべきでしょうか? 笑
今や11月に入ったとたん、街にクリスマスソングが流れ、ツリーが飾られ、、
私はいつも、ヤダ~もうそんな時期~?あれもこれもまだなのに~と
焦燥感しか湧きませんが、大人でもウキウキする人いるんでしょうか?
(いるんでしょうネ、テキパキこなせている人達。それとデート中の恋人達?)
数日前には もうお正月のしめ飾りが売られてたけど、見なかったことにしました。笑
フライング気味にどんどん繰り上がったのは、完全に商戦のせいと思うから、
そんなものに惑わされてオロオロなんてしたくないです。
とは言え、そのペースで準備しないと後で慌てふためく事も、毎年確認しています。笑